ぶどう膜外来

以下の症状が観られたら、受診しましょう。


猫の瞳孔変形
ぶどう膜炎/瞳孔変形

瞳孔変形


縦長のスリット状の瞳孔が逆D時に変形しています。

  • 目が赤い
  • 角膜が濁っている
  • 瞳孔の形がおかしい
犬の虹彩癒着
ぶどう膜炎/虹彩癒着

虹彩癒着


虹彩が水晶体に癒着しています。酷くなる前に治療が必要です。

  • 目が赤い
  • 角膜が濁っている
  • 痛そう
猫の虹彩ボンベ
ぶどう膜炎/虹彩ボンベ

虹彩ボンベ


虹彩の癒着によって眼内の水の流れが滞り、虹彩が盛り上がっています。

  • 虹彩が近くにある
  • 目が赤い
  • 痛みがある


慢性ぶどう膜炎
慢性ぶどう膜炎/虹彩色素沈着

虹彩色素沈着


虹彩の色合いが変化しています。早急な対応が必要です。

  • 虹彩が黒い
  • 目が赤い
  • 目が白い
虹彩ルベオーシス
ぶどう膜炎/虹彩ルベオーシス

虹彩血管新生


虹彩に血管が新生しています。全身の異常も想定して原因を探る必要があります。 

  • 虹彩が赤い
  • 痛みがある
  • 角膜が白い
犬の虹彩萎縮
虹彩萎縮

虹彩萎縮


虹彩の老化現象です。長年動き続けた虹彩の線維が裂けてしまっています。

  • 瞳孔がいつも開いている
  • 眩しそうにする
  • 7歳以上


犬の虹彩シスト
虹彩シスト

虹彩シスト


腫瘍との鑑別が必要です。犬種によっては50%で失明に至る病気のサインです。

  • 目の中に黒球体がある
  • 痛みなし
  • 結膜炎なし
犬の前房出血
前房出血

眼内出血


眼房内への出血です。失明に至ることもあるので初動が大切です。

  • 目の中が赤くなった
  • 高齢である
  • 元気がない
猫のぶどう膜炎
ぶどう膜炎/前房混濁

眼内浮遊物


眼房内に浮遊物が出現して混濁して見えます。早急に検査をすすめます。

  • 目が濁っている
  • 元気がない
  • 食欲がない


猫のぶどう膜/メラノーマ
虹彩腫瘤/メラノーマ

眼内腫瘤1


虹彩の11時から13時の部位に茶色隆起物がみえます。正確に所見をとります。

  • 黒いできものがある
  • 大きくなっている
  • 経過観察と言われた
猫のびまん性虹彩メラノーマ
猫びまん性虹彩メラノーマ

眼内腫瘤2


虹彩が全体的に茶色くなってきています。広がってきているのであれば要注意です。

  • 虹彩のシミが増えた
  • 虹彩のシミが広がっている
  • 10歳以上である
眼内腫瘤
腺腫/腺癌/リンパ腫

眼内腫瘤3


写真左手側にピンクの隆起物があります。眼内の腫瘍が疑われます。

  • ピンクの出来物がある
  • 大きくなっている
  • 手術を勧められた