角膜外来

以下の症状が観られたら、受診しましょう。


犬猫の角膜潰瘍
角膜潰瘍

角膜潰瘍


角膜の傷。浅い傷から深い傷まであります。早めの治療で綺麗に治しましょう。

 

➡ 治療結果(犬の結膜フラップ)

➡ 治療結果(猫の結膜フラップ)

➡ 治療結果(Acell)

犬の難治性角膜潰瘍
難治性角膜潰瘍

難治性角膜潰瘍


目薬だけではなかなか治らない角膜の傷。角膜が薄く捲れてくるのが特徴です。

 

➡ 治療方法1 (針での格子状切開)

➡ 治療方法2 (ダイアモンド処理)

➡ 治療結果  (格子状切開)

猫の角膜黒色壊死症
角膜黒色壊死症

角膜黒色壊死症


猫で特徴的な病気。角膜が黒く変色し、剥がれ落ちます。痛みが出てきたら要注意。

 

➡ 病気解説(初期から中期)

➡ 病気解説(中期から後期、脱落)



犬猫の角膜沈着症
角膜沈着症

角膜沈着症


角膜上皮にミネラルや脂質が沈着する病気です。角膜が濁ってしまいます。

  • 痛そう
  • 涙が出る
  • 目が白い
犬の角膜ジストロフィー
角膜ジストロフィー

角膜ジストロフィー


角膜にミネラルなどが沈着する病気です。遺伝的背景によって生じ角膜が濁ります。

  • 目が白い
  • 大きくなっている
  • 痛そうにしている
犬の角膜内皮ジストロフィー
角膜内皮ジストロフィー

内皮ジストロフィー


角膜の内側にある角膜内皮細胞の病気です。遺伝的背景によって生じ角膜が濁ります。

  • チワワ、ボストンテリア
  • 10歳以上
  • 目が白くなってきた


猫の急性水疱性角膜症
急性水疱性角膜症

急性水疱性角膜症


角膜がブヨブヨに腫れる病気。デスメ膜瘤と誤診されることの多い病気。

 

➡ 治療結果

犬の点状表層角膜炎
点状表層角膜炎

点状表層角膜炎


ダックスフントで多くみられる病気。角膜に斑点状の白濁が出てきます。

 

➡ 治療結果

猫の好酸球性角膜炎
好酸球性角膜炎

好酸球性角膜炎


猫の角膜にできるチーズ様病変。治療しなければどんどん増えます。

 

➡ 治療結果



犬の角膜膿瘍
角膜膿瘍

角膜膿瘍


角膜に膿がたまる病気。外傷後に角膜に雑菌が入ることが原因で生じる。

 

➡ 治療結果

犬の実質性角膜炎
実質性角膜炎

実質性角膜炎


角膜の実質に生じる炎症。治療が遅れると失明のリスクがあがります。

  • 角膜が赤い
  • 目脂が多い
  • 目が開かない
犬の角膜出血
角膜出血

角膜出血


透明な角膜に出血が起きます。根底にある病態を正確に把握し治療をしていきます。

 

➡ 治療結果



犬の角膜穿孔
角膜穿孔

角膜穿孔


角膜に穴が開いています。酷いと失明~眼球摘出が必要となることがあります。

 

➡ 手術結果(犬、抗がん剤治療中)

➡ 手術結果(猫)

パグの色素性角膜炎
色素性角膜炎

色素性角膜炎


角膜が黒くなってくる病気。内眼角側から始まり角膜全体に広がり視力が低下する。

 

➡ 手術結果(犬)

犬の角膜異物
角膜異物

角膜異物


角膜内に異物が食い込んだ状態。状況により全身麻酔が必要な場合もあります。

 

➡ 治療結果