犬の穿孔(Acell)

ドッグランで角膜を損傷したトイプードル。傷は深く、水晶体にまで達しています。下の写真は、Acell治療後。裂創部位は白く濁っていますが、角膜表面は滑らかで綺麗に修復されています。残念ながら視力は失ってしまいましたが、今の所、合併症はなく元気に過ごしています。

Acellを使うと麻酔時間を短縮できます(従来の術式に比べて)。