猫の眼球摘出の外観

この子は緑内障からの眼球摘出ではありませんが、術後顔貌の参考としてご覧ください。

猫には義眼挿入を行えませんので、眼球摘出が主となります。猫の虹彩は鮮やかで、瞳孔が縦長なエキゾチックな顔貌が特徴的な動物でありますから、片目を失うとやはり目立ちます。見る度に忍びない気持ちになるかもしれませんが、動物にとっては痛みから解放され快適な生活に戻っていますのでご心配いりません。写真はそれぞれ、術前、術後です。