猫の角膜潰瘍(結膜フラップ)

家飼いの子が角膜に傷をつけて来院されました。傷は治療中なのですが、改善乏しく、手術適応基準を満たすほど凹みが深かった為、手術を行いました。写真左は術後1ヶ月。結膜移植片は病変部にしっかりと定着しています。写真右は正面像。傷がきっちり治癒するまではこのままです。結膜が病変部位に入り込んで傷を治してくれていますので、治癒を待つのみです。今回は結膜フラップを行いましたが、Acell、角膜移植スライドなども必要に応じて選択していきます。

角膜潰瘍が1週間で改善しない時は、ご相談ください。

手術には適用基準があります。