猫の角膜穿孔

1年前から目の治療をしてきた。瞬膜を被せる手術をしたり、血液の目薬を使ったりと色々試してきたけれど一向に改善しない。角膜に穴が開いてからも目薬の治療を続けてきた。このままではいけないと思い、眼科専門医のいる病院をインターネットで調べてみつけてくださったようです。紹介状持参で来院されました。写真左、角膜中心部に円形の透明な部位があります。そこが穿孔しています。血管が新生してきて傷を治そうとしていますがこれではなかなか治癒しません。残念ながら失明していますので、合併症等考えると眼球摘出が合理的な判断となります。もし、見えていなくても良いから目を残してほしいと言う事でしたら結膜で覆って穴を埋めます。写真右は結膜で覆って1か月後。いつもビショ濡れだった目の周りも改善し、さっぱりしました。また、痛みから解放され目はぱっちり開くようになりました。穴が塞がった事で眼球内(前房)から水が溢れ出さなり前房が深くなりました。結果として虹彩と角膜の距離が広がっています。もう少し早く来ていただければ、視力を維持させられたかもしれません。残念です。

角膜潰瘍が1週間で改善しない時は、セカンドオピニオンを検討しましょう。