猫の角膜黒色壊死症(中期から後期、脱落)

黒色壊死症つづき。

中期を超えると、黒色病変に向かって血管が新生してきます(写真左)。さらに進むと血管が黒色病変に到達します(写真中央)。最終的に黒色病変は脱落し(写真右)、治療終了となります。この一連の期間、症状により手術適応になることもありますので経過観察が必要です。最悪、眼球穿孔を起こすことがありますので要注意です。またこの病気は再発しやすく、反対の目にも発症する事がありますので、角膜の黒さに気が付いたら獣医師にご相談ください。

猫の角膜黒色壊死症
猫の角膜黒色壊死症

角膜黒色壊死症は痛みを伴います。

獣医師と相談の上、治療法を選択ください。